「AGA」の原因や治療法、注意点を紹介します。

遺伝性がなくても要注意!

AGA治療を受ける際の病院選び

AGA治療は皮膚科、美容皮膚科、美容外科等で受けることができます。
治療を受けるのであれば、中でも皮膚科がオススメです。

皮膚科でAGA治療を受けるメリットとしては、身近にある医療機関であり自宅から通いやすいこと、そして何より医療機関でなければ処方してもらえない薬を専門家から処方してもらえることです。

病院選びの際は、その皮膚科のカウンセリングの質、治療の実績が多くあるかどうか、薄毛の治療メニューの豊富さをポイントにおいて、自分に合った病院と医師を選びましょう。
薄毛は非常にデリケートな問題であり、ストレスを感じながらの治療は改善には繋がりません。
治療メニューが豊富だからといってコミュニケーションが取りづらい医師では安心できませんよね。
まずは安心して治療が受けられることが大切です。
大抵の病院は初回無料カウンセリングをしているところもありますので、そういった所で一度相談してみるのをオススメします。

AGA治療で注意しておくポイント

薬を使用しての治療ですから、薬によっては様々な副作用もあります。
頭皮のかゆみ、体のむくみ、性欲減退、勃起機能の低下、精子減少、うつが主な症状としてあげられます。
場合によっては肝機能障害が起きることもあります。

処方される際は、体面や体調面で問題ないと診断されているので事例としてはほぼありませんが、不安な方は意思に相談して治療を始めたほうがよいでしょう。

また、副作用に悩まされず、安全に治療を行うために個人輸入は絶対にしないことです。
AGA治療薬は海外から輸入で取り寄せるという方もいますが、個人輸入で副作用が出た場合は個人の責任になり救済制度が利用できなくなります。
さらにすぐに相談できる医師がいないため、副作用による体の異常発見が遅れる可能性があるのです。
海外製品には日本未許可の薬も多いため、大きなリスクを伴います。
AGA治療を始める際は、必ず医療機関で診断し、処方してもらいましょう。