「AGA」の原因や治療法、注意点を紹介します。

AGAになりやすい人って?

どのくらいで治療の効果が出るの?

AGAの治療薬を使えば、80%という高確率で薄毛は改善できるといわれています。
AGA治療の効果が実感出来るのは、一般的には3~6ヶ月、早くても3ヶ月目からです。

これは、毛周期が関係してきます。
乱れた毛周期を元に戻すことは簡単に出来ることではありません。
毛周期が正常に戻ろうとする関係や季節などの関係で抜け毛の増減がありますが、これは一時的なもので異常なことではないのであまり気にしないほうが良いでしょう。

また、AGAの治療を行うのであれば最低でも1年は続けることです。
目に見える効果が出ないからといって、すぐに治療を辞めてしまうことは今までの努力や投資が無駄になってしまいます。
発毛に必要なことは、諦めずに根気強く治療を続けることが大切です。

治療薬の効果が出ない事例と薬以外の改善法

AGAの治療効果は個人差があり、中には症状が改善しない方もいます。

効果がなかった人の事例としては以下が挙げられます。
●抜毛症
●円形脱毛症
●毛母細胞が弱っている
●不規則な生活習慣
●そもそもAGAではなかった

抜毛症や円形脱毛症の場合は毛母細胞が弱っているということにもなりますので、AGA治療薬を服用しても改善には繋がりません。
偏った栄養バランスの食生活や体に負担のかかる飲酒は健康な毛の育成に大きなダメージをもたらします。
日常的にコンビに食やジャンクフードの食事が多い方は注意しましょう。

また、睡眠不足や運動不足もダメージのひとつです。
規則正しい生活は健康な毛の育成をするために欠かせないものです。

栄養・睡眠・運動これら3つの不足を解消することが薄毛対策に大きな効果をもたらすといわれています。