「AGA」の原因や治療法、注意点を紹介します。

AGAは薬の服用で治療できるのか

AGAとは?症状は?

ここ最近耳にすることが多くなった「AGA」 薄毛や抜け毛で悩んでいる人は日本でもとても多く、その人数はなんと1000万人以上! そのほとんどが「AGA」であるといわれています。 なんと、若い人にもみられる「AGA」 原因は何なのか? どんな症状が出るのか? 治療の種類は? まずはAGAについて知っていきましょう。

AGAになりやすい人って?

AGAの1番大きな原因は男性ホルモンであり、厳密にいえば男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)が毛母細胞に影響を与える影響が大きいかどうかです。 つまり、遺伝要素を持っている人がAGAになりやすい人です。 先天的である遺伝要素を持っているかどうかは、病院や簡易キットなどで検査することができます。

遺伝性がなくても要注意!

先天的要素以外にもAGAの原因かもしれない後天的要素は ●加齢 ●ストレス ●食生活 ●生活習慣 などがあげられます。 ストレスによる寝不足や食生活での栄養の偏りは健康な髪の毛の発育に大きな影響を与えます。 一見関係なさそうなことが原因となっている可能性があるので注意しましょう。

若い世代でもなる?「AGA」とは一体どんな症状?

Androgenetic_Alopeciaの略であるAGA(エージーエー)は男性型脱毛症のことをいいます。
主な原因は男性ホルモンであり、20代の若者にも多くみられる症状です。
また他の原因としては、加齢やストレス、食生活や生活習慣などといわれています。

主な症状は、髪の毛の生え際が後退し頭頂部が薄くなります。
1本1本異なりますが、正常な髪の毛は成長期である2~6年ほどで太く長く育っていきます。
しかし、AGAではジヒドロテストステロンという男性ホルモンが髪の毛の細胞に影響し髪の毛の成長期を短くします。
成長期が数ヶ月~1年ほどに短縮してしまうので、十分に成長できなかった細く短い髪の毛が増えてくるのです。
つまり、AGAは毛周期の変化で毛の成長期が短くなり細い毛が増え、薄毛になるのが初期症状として現われるのです。

AGAは初期症状を経て除々に進行していきます。
米国の研究グループの研究結果によると、AGAを初期症状発見から治療せずに放置してしまうと高確率で薄毛進行がみられるとのことです。
AGAの発症は加齢も関係してきますが、実は日本人だけでも10人に1人という割合で20代の若い世代にもAGAの症状がみられる現状です。

初期症状に気付いたらすぐに医師の診断を受けることが大切です。
AGAが進行すると、正常に戻すには何倍も時間がかかるのでとても難しいといわれています。
早期発見し、これ以上進行させないようにしましょう。